合成皮革ローソファーのメリット

合成皮革ローソファーの1番のメリットは、手入れのしやすさです。合成皮革は本革と比べて痛みにくく、長持ちしやすいことが特徴で、価格は手ごろなものから本革に劣らない高級なものまで存在しています。本革ソファーの手入れには革を傷めない薬品が入ったレザークリーナーを使う必要がありますが、合成皮革は本革ではないので、家庭用洗剤を水で薄めて雑巾で拭くことが可能です。耐久性も合成皮革の方が高い上、破れてしまったときは合成皮革の方が安く修理してもらえます。ローソファーは一般的なソファーと比べて座面が低いため、足を投げ出すようにして座ることができますし、色や形を地味なものにすれば洋室だけでなく和室にも置けるソファーです。ただし、畳を傷めないためにマットを敷いた方がいいでしょう。

色や表面処理がさまざま

合成皮革は本革よりもカラーが豊富です。自宅の床や壁、絨毯の色に合わせるのもいいですし、差し色として奇抜な色を選ぶのもいいでしょう。表面の処理にもさまざまな種類があります。一番多い種類が本革のように薄いシワが入っているタイプです。ツルツルしていないため背中やお尻がフィットしやすくなっており、長時間座っていても疲れがたまりにくい特徴があります。このタイプは汚れが溜まりやすいため、こまめに掃除しましょう。こまめな掃除が面倒な方で、多少滑ってもいいならツルツルのタイプがおすすめです。若干蒸れやすいデメリットがありますが、油汚れやジュースをこぼしたときは、水拭きとからぶきだけで綺麗にすることができます。

こたつでソファーを使うには、高さが重要です。座面が低いローソファーなら、こたつの下に足を伸ばして座れるので温かく過ごせます。